​大宮中央剣友会について

会長挨拶

1616852218991_edited.jpg

 令和3年4月より、初代会長竹内弘文氏より伝統ある大宮中央剣友会の会長を引き継ぎました。

 自分が培ってきた剣道に対する想いを今後の日本を背負って活躍するであろう子供たちに惜しげなく伝えることが、50年の長きに渡り会長を務められた竹内氏、歴代師範であります故青柳尚忠先生・故岡村敬次郎先生、途切れることなく歴史を繋いでくださった会員諸氏、また育成会保護者方々への恩返しと思い、微力ではありますが精一杯務めさせていただく所存です。

​大宮中央剣友会  会長

教士八段    島田 浩徳

line_857306702390826_edited_edited.jpg
基本指導方針

剣道を通じ、身体と心を鍛錬し、己に厳しく他人に優しい人間を目指します。

剣道を通じ、周りの人に『感謝の気持ち』を常に持てるようにします。

正しい言葉使い、礼儀を身につけます。

試合について
さいたま市大宮区で活動する大宮中央剣友会では年間様々な大会に参加します

大宮中央剣友会は試合に勝つことのみを目的としていませんが、『勝ちたい!』と思い普段の稽古を頑張ることは大切です。

 

年間の参加試合は大宮剣道連盟主催の春・夏・冬季大会、さいたま市民大会、日本武道館少年錬成大会など。 試合を通じて剣友との交流を深め『打って反省、打たれて感謝!』驕らず相手を敬う気持ちを養います。